FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならカオスオンライン 

クローズβも含めれば約2年に渡りサービスが続けられていたカオスオンラインが29日でサービスを終了します。


全嫁攻略でおなじみの三千年さんが最後の大会を開催されたので参加してきました。

co61-1.jpg
1日目参加デッキ、結果は準優勝。勝ち負けを度外視して8月単で出場!・・・のはずだったんだけどなんかファンデッキっぽいのが多くて成長込み光単はむしろ強デッキの部類だった気がする。

co61-2.jpg
1日目と同じデッキで参加もアレだし・・・ということでただでさえ微妙な8月単からもうちょっとパワー落として良いかなと我ながら微妙なデッキ編成にしたのが運の尽きで、むしろ2日目はかなりガチ気味のデッキが多かったため初戦惨敗。
デッドサイスから幸村使って再度セット破壊とかそんなガチプレイ1日目では見なかったのに・・・1日目と使うデッキを入れ替えるべきだったか。

まぁしかし最初から勝ち負け度外視で8月単使ったんだから勝ち負けを言うのは未練がましいにも程がありますね、カオスオンラインを始めたのも8月が切っ掛けだったので最後は素直に8月デッキを使って終わりで良かったと思います。


co61-3.jpg
大会2日目終了後のフリープレイで優勝された三千年さんの優勝デッキと手合わせして貰ったのですが、何故かさすがに大会に出すには弱すぎると思って出さなかった麻衣デッキの方で勝ってしまった。
嫁への愛が強ければ勝てるのがカオスオンラインなんだよ!
綺麗にオチが付いた所でこれが私のカオスオンライン最後の対戦となりました。


co61-4.jpg
最後だったんで手持ちで使わなかったレアカードを大量にタダ同然でばらまく、サービス終了直前だというのに凄い勢いで秒単位で売れていくカード。というか今更だがどうせばらまくなら大会の前にばらまいて使って貰った方が良かったんじゃないかと思わないでもない。

co61-5.jpg
いつかカードを直接人に送れるようになったら大会の景品にしようと思ってずっと持っていたシンシアを最後にばらまいてカオスオンラインでの活動を終了。


私がカオスオンラインを始めたのはオーガスト実装の頃ですが、その頃はバグの修正なんかも早くて割と信用出来る運営だと思ってたんですけどねぇ、どこで道を間違えたんでしょう。
何のかんの言ってもオンラインTCGで私の知る限り初のカードトレードの機能を実装した点はネトゲ史に記録されるべきだと思いますが、それが純粋な成功かと言われるとなかなか難しい。カードのトレードを実装した時点でトレードに必要となるBPはゲーム内貨幣となった訳ですが、それによるゲーム内の経済を運営は全くコントロール出来てませんでした。
まぁそれでも出品されてるカードを見て掘り出し物を探しているのはそれだけで楽しいものです、カオスオンラインは終了してしまいましたが、またどこかでプレイヤー間でカードのトレードが出来るオンラインTCG出ないものでしょうかね。


最後にハヤテさんとこから来たカオスオンラインバトン

1、好きなOSは?(強さ関係なく純粋なタイトル)

オーガストVol.1一択。オーガストVol.2とか赤い約束は期待してただけに泣ける程絶望した。
運営はそんなにオーガストが嫌いなのかと・・・


2、作品単デッキ派?キャラ愛デッキ派?勝ちに拘るデッキ派?

その時の気分による


3、好きなデッキタイプは?

単純な嫁パワーでゴリ押すデッキとかバーンデッキよりは捻ったデッキが好きですね。
マヴラヴの副司令香月デッキなんかは使ってて面白かったし、こういうデッキがもっと作れてればもう少しカオスオンラインも頑張れたんではないかと思うんだけど。


4、メインデッキは?

なんか節操なく色々使ってるから特にメインとなるデッキはなかった。
でも心のメインデッキは常にオーガスト。


5、好きなキャラカードを3つ教えて

蒼月の輝き「フィーナ・ファム・アーシュライト」
月からの留学生「フィーナ・ファム・アーシュライト」
募る想いと重い約束「朝霧 麻衣」


6、好きなイベントカードを3つ教えて

最後の花火、カーボン、ペンキリース
オーガストVol.2が出るまでは8月単では最後の花火がほぼ唯一の勝ち手段だった・・・
Vol.2は内容は酷かったがそれでも貫通付与の互換が出たからようやく8月単でも貫通イベントが使えるようになってその強さに感動した記憶がある。


7、好きなセットカードを3つ教えて

形見のブローチ、きらめくスク水
オーガストにはまともに使えるセットカードがこれ位しかないので・・・


8、このカードは修正かけるべきだっただろう・・・3つ教えて

クロウディア、リサイタル、暴走美春
後はドロー嫁ですね。結局最後まで嫁でドローしてほぼ回避不能な嫁レストやバウンスで勝つという手段をメタりようが無かったのがカオスオンラインの限界。


9、このカードはもっと評価されるべき(複数回答あり)

神様への願い事
まぁセット割られたら終わりだから3積み必須だけど、ガチガチのパンプアップを崩せる手段としてもう少し使われても良かった気はする。


10、このタイトル強すぎでしょ?(複数回答あり)

特にタイトル云々は無い気がする、ドロー嫁と強すぎるイベントの方が問題。


11、この作品が来てほしかった(複数回答あり)

月は東に日は西に(オーガスト)
保奈美が来てくれれば後1年は戦えた。


12、カオスオンにいくら使った?

ネトゲに限らないが使ったお金を後から計算するのは滅入るだけなのでしない事にしている。


13、カオスオンラインを始めたのはいつ頃?

あまり正確に覚えてないけどオーガストVol.1の頃。


14、誰か主催の大会に参加したことはある?

今回の三千年さんの大会位かなぁ・・・


15、メイトでガチだと思う人

凄いのは完成しなかったのは残念ですがコツコツ全嫁を続けていた三千年さんですね
強いデッキ作って回すだけの人より、そういったキャラ愛持ってる人の方を尊敬します


16、忘れられない出来事

オーガストVol.2と赤い約束の実装
出るまでのwktk感と出てカードリスト見た時の絶望感の落差は筆舌に尽くしがたい


17、嫌な思い出

特にはないかなぁ、あえて言うなら竜虎光デッキにクロウディア出されたときくらい


18、あなたにとってのカオスオンラインとは?

オンラインで出来る数少ないTCGの1つ


19、最後ぐらい嫌いなプレイヤーを3人くらい言っちゃいなよ~

名前覚える程嫌いなプレイヤーはいません、嫌なプレイヤーは記憶から消す事にしています


20、このバトンを見てくれている人に最後の一言

改めて見ると現時点ではウチで取り扱ってるゲームでは2番目の記事量があったカオスオンラインですが、これが項目としては最後の記事になります。
これまでカオスオンラインの記事目当てで何度も当ブログに足を運んで来てくださった方、有り難うございました。またどこかのゲームでご一緒した時はよろしくお願いします。

ネットゲーム全般・攻略ブログ

カオスオンライン終了のお知らせ 

co60-1.jpg
co60-2.jpg
カオスオンラインのサービス終了が決定しました。まさか終了するとは思わなかった・・・なんて事はないですね、正直いつ終了してもおかしくない状況ではありました。
ここ最近のパック内容の酷さを鑑みればサービス終了はやむを得ないでしょう。真面目にゲーム改善に向けて動くならともかく、絵柄だけ版権で買ってきてテキストはコピーしただけみたいなカードでファンを食い物にして延命を続けるよりは改善の意志がないならスッパリ終了で良かったと思います。
しかし終了はともかく新パック発売して2日後にサービス終了発表というのはちょっといただけません。もう最後のパックは売り上げもたかが知れてるんだし最初から無料配布でも良かったと思うんですけどね。


カオスオンラインも終わるまでちょくちょくプレイはすると思いますが後釜はどうするかなぁ。まぁ少し前からアヴァロンの鍵の方も結構プレイしてるんですが、この機会にちょっとアルテイルもいじってみようかなぁ・・・
co60-4.jpg
ということでちょこっとだけアルテイルの方もプレイしてみた。

co60-3.jpg
取りあえずチュートリアルの使えなさは異常、短すぎてゲームがほとんど理解出来ないウチにチュートリアルが終了してしまう。アヴァ鍵の方のチュートリアルは割と丁寧だっただけに落差が目立つ。真面目に新規を取り込む気があるのならチュートリアルはもっとちゃんと作り直した方が良い。

co60-5.jpg
微妙なチュートリアルのせいでイマイチルールが理解出来ない状態での手探りプレイを余儀なくされる。まぁルールの大枠が理解出来るまでは続けると思うけどこっちは長くは続け無そう。

ゲーム的にはアヴァ鍵の方が性に合ってるんだけど、アヴァ鍵はアヴァ鍵で運営は割と頑張ってると思うけどカオスオンライン並みにプレイ人口少ないからいつサービス終了してもおかしくないんだよなぁ・・・やはりオンラインTCGというのはニッチ過ぎるのでしょうか。

ネットゲーム全般・攻略ブログ

ブースターグリザイアの果実実装 

今日はブースターグリザイアの果実の実装がありました。カオスオンラインです。


正直、震災の影響でネトゲはどこもアップデートを中止してるので延期になるかと思っていたのですが予定通りの実装でした。
さすがカオスオンライン運営、空気の読めなさには定評があります。
実装されたカードの方は相変わらず微妙な所ですが、見ていきましょう。

co59-3.jpg
co59-4.jpg
OS3体で強化が入るのは珍しくないですが、レベル分攻撃強化というのがちょっと珍しいですね。でも普通に攻撃耐久+2の方が使いやすいと思います。それでも専用セットで先攻付き攻撃+2、更にセット時ドロー付きなのは悪くないのでそれなりには戦えると思います。

co59-5.jpg
co59-6.jpg
登場時にドローと相手デッキへのダメージ、小型で実装されるのは初です。専用セットで貫通が付くので嫁として使えない事もないですがセットは忘れてドロー支援フレンドとして使うのが無難だと思います。グリザイアデッキ専用とはいえフレンドとしてはなかなか使えると思います。

co59-8.jpg
みちるの支援キャラ、みちるを自動復活させる。自動復活持ちは3枚目、自動復活の能力自体は非常に強力なのだが毎回対象となるキャラに恵まれない、今回もみちるが微妙なのでダメポな感じ。いつか自動復活が天下を取れる日は来るのだろうか・・・

co59-7.jpg
いい加減出過ぎてる感のある相手の先攻先防を打ち消す先攻先防持ちキャラ。しかし今回のは基本攻撃力0という酷い数値なので実戦的ではない、トリガーキャラの雄二で攻撃が2点あがるがそれを差し引いてもショボ過ぎる。

co59-9.jpg
焼き軽減とセット持ちへの支援能力を併せ持つキャラ。焼き対策カードが持つ相手が焼きを使わないと腐るという問題を支援能力を併せ持つ事で補えるはずだったのだが耐久1が全てをぶち壊している。OS縛りもないのでせめて耐久2だったらそれなりに使いでのあるカードになったかもしれない。

co59-10.jpg
大型でOS縛りがあるとは言え、それでも攻撃耐久+2の存在はやはり大きい。

co59-11.jpg
小型ながら登場時の表返しと永続でのパートナー強化を併せ持つ、かなり使える主人公。
グリザイア縛りがかかるが千鶴と雄二の二人だけで嫁に攻撃+4耐久+2の支援を与えるので嫁にそこそこの強さがあれば結構戦えてしまう、千鶴がバウンス喰らわなければの話だが。

co59-13.jpg
CB、なかなか良いイラストです。中型の支援キャラ、攻撃耐久+1だしOS縛りは不要だったんじゃないかと思わないでもない。

co59-12.jpg
今回のびっくりどっきりカード。大元のOS制限無しとは言え手札コスト3枚だった火攻の計に比べると手札コスト1枚というのは隔世の感がある。手札コスト1枚まで減ると割と気軽に連発出来るので焼き防御を軽視してる相手に対してはかなりの制圧力になる。しかし焼き無効キャラなどを場に出されてしまうと対策が限定されてしまうので勝ち手をこれに頼るのは不安定。


OSとしてはOS縛りになりますが支援キャラがそれなりに豊富なのでそこそこは戦える気がします。『燃え盛る魔の手』がなかなか強いですがそれ以外のカードは特に環境に影響を与えそうなカードはありません。『燃え盛る魔の手』も強い事は強いが焼き防御で対策されうるので、結局従来のほとんど対策手段のないドロー嫁でのバウンス、嫁レストに比べれば微妙というレベル。相変わらず運営はドロー嫁やバウンス、嫁レストに対策手段を出す気がないようで・・・


co59-14.jpg
普段はイベントなんかしないのに、寄りにも寄って今のタイミングで自重せずイベントやり出す空気の読めなさはむしろちょっとだけ評価したい。

co59-1.jpg
co59-2.jpg
イベント配布カード。由美子の絵は実に良い、強さ度外視で嫁で使いそうになるレベルだが攻撃型とは言えドロー嫁なので強さもそれなり。蒔菜の方は副会長互換、攻撃5小型をまだ持ってない方には悪くないカード。この勝利数イベントでは毎回配布カードが糞カードばかりでイベント達成のために拷問の様な弱キャラプレイを強要されていたが今回は両方とも強さはそれなりなので比較的ストレスが溜まらないかもしれない。

ネットゲーム全般・攻略ブログ

ブースターミルキィホームズ実装2 

本日、ブースター「探偵オペラ ミルキィホームズ」のVol.2が実装されました。


発表のタイミング的にも全く期待していませんでしたが、今回のパックも予想通り焼き増しばかりです。
それでも一応前回の君望よりは変化がある感じでしょうか、取りあえず目に付いたのを見てみましょう。

co58-1.jpg
今更RRで出すカードかね・・・テキスト的には萌将伝焔耶を使いづらくしたようなテキスト、焔耶が中型なのに対しこっちは大型だけどむしろデメリット。ちなみに萌将伝焔耶はコモン。

co58-2.jpg
永続パンプアップ無効化キャラ、既に同じテキストのキャラは出てるが中型で出てるのは初。キャラの表裏だけで出せる中型なのでフレンドとして使うのはアリかも知れない。セットを付けて二刀流使えば攻撃11に届くのでパンプに頼った姫歌や華琳を取りあえず落とす事が可能。

co58-3.jpg
ドロー+強化キャラだが、強化の条件の全てのキャラが"ミルキィホームズ"というのが厳しすぎる。強化対象はミルキィホームズだけでも良いが条件はせめてパック全体まで広げて欲しかった。

co58-6.jpg
これも2度目となる手札で強さの変わるキャラ。相変わらず条件の厳しさと強さが合っていない。せっかくのテキストなんだからもう少し戦えるレベルの強さに調整出来なかったのか・・・

co58-4.jpg
個人的には今回一番注目しているカード。テキスト自体はシュリュズベリイ先生の互換、シュリュズベリイのテキスト自体は割と使えるテキストだったが今の環境的に大型というのが足を引っ張っていたため、小型になっての実装は飛躍的に使いやすくなると思う。手札コストを使わず取りあえず相手パートナーの耐久を5下げられるのは今の環境でも十分実戦レベル。

co58-7.jpg
せっかくの攻耐+2だがG4縛りがきつすぎて実戦レベルでは苦しい。シンシアとの共存ができたなら小衣にも強嫁への道が開かれただろうに・・・

co58-5.jpg
こちらは二闘流の互換カード。二闘流と比べて数値が低い代わりに強化能力が付いているが、やはり怪盗帝国縛りが付いてくるので強化能力はほとんど役に立たない。

co58-10.jpg
CBは成長キャラ。成長に加えて属性光闇なので普通に戦えるレベルだと思うけど、同じ成長なら冥夜の方が使いやすい感が否めない。

co58-8.jpg
いい加減誰もデッキに入れないんだからメインフェイズ使用の強化イベントとか止めてくれないですかね・・・メインフェイズに耐久上げる事の意味が解りません、そんなに先防が怖いんでしょうか。

co58-9.jpg
似た効果のカードは既にあるけど、一応全キャラをスタンド出来るのは初。せめてバトルフェイズに使えれば色々融通効きそうだけどメインフェイズ使用なので総攻撃するのがバレバレになります。


全体的にほとんど微妙カードだけど遠山咲は縛りもない上に実戦レベルの能力なので今後それなりに使われる事になるかもしれません。しかし強化能力の縛りが酷すぎてカードが腐りまくってる感じですね。運営はそんなに使えるカードを作りたくないんでしょうか。

ネットゲーム全般・攻略ブログ

ブースター君が望む永遠実装 

本日ブースター君が望む永遠が実装されました。


取りあえず運営のやる気が感じられません。
今回も見事なまでの焼き増し一色です・・・注目のカードもたいして無いのですが一応見てみましょう。

co57-1.jpg
ただのドロー嫁だけどパンチラしてるから一応上げた。よりにもよって競争率の高い光でドロー嫁出されてもなぁ・・・

co57-3.jpg
またきた絶対魔王のサーシャ互換、しかしよりにもよって属性はやはり光。トリガーとなるキャラに小型がいて、更に遥の攻撃を1上げてくれるのでバランス自体は悪くはない。ただこれで守って勝つには今の環境だと色々穴が多すぎる。

co57-2.jpg
テキストとしては古典的な副会長互換だけど数値が攻撃よりなのでフレンドで小型攻撃5になる。同数値でAIRの観鈴がいるが、あっちはPRなので無い人は買っておいても良いかも。

co57-4.jpg
これも既に互換出てるけどパンチラしてるから一応(ry。ただ鬼うたとマヴラヴで出てる互換カードは両方中型なのに対し小型サイズで出るのは一応初、従来の同テキストのカードに比べて中型な分最終数値で若干防御が高くなる。

co57-5.jpg
これも恋姫朱里互換だけどパンチラ(ry。大半の状況で手札2枚捨てでバウンスの方が効率良いのであまり使い勝手が良くない。

co57-6.jpg
特定属性のキャラ3体でバトルダメージ無効は珍しくもないが小型で出るのはそれなりに貴重。白陵柊でデッキを組むなら取りあえず積んでおいて良い。

co57-12.jpg
co57-7.jpg
残念な主人公。中型の方はマヴラヴの武と合わせて白陵柊デッキ行きだろうか、小型の方は遥のトリガー以外に使い道は無さそう。

co57-8.jpg
君が望む永遠のキャラなら攻撃が4点上がる。しかしメインフェイズ使用が色々致命的なのでこれ使う位なら二刀流互換使うべき。

co57-9.jpg
これも互換が色々出てるけどせっかく水着だったんで上げた。特筆すべきなのは対象OS以外は互換カードである恋姫の異議有!!のレアリティがコモンであるという事。

co57-10.jpg
水月に付ければ貫通セットになるので弱くはないけど水月にあまり攻撃向きのキャラが居ない。せめて攻撃が2点上がれば・・・いや、大してそれでも変わらないか。

co57-11.jpg
定番セットとも言えるデッドサイスの互換カード、下手すると今回のパックで一番使えるカード。一応先制を付けられる能力があるけど、先制付けたくても他にセットが全くない状態でこれ付けちゃうと、強制でこのカード自身を控え室に送る事に。それでもキャラが裏向きの時ならセット出来るけど、そこまでしてセットするのかって話で。特筆すべきなのは互換カードであるデッドサイスのレアリティがアンコ(ry


なんというか全く目新しいカードがないので環境に全く影響を与えなそうなパックです。作品のファン以外は完全にスルーするんじゃないでしょうか。
いい加減、運営は真面目にカード作ってくれないものでしょうかね・・・

ネットゲーム全般・攻略ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。